長岐俊彦・アトピー教室

カテゴリ:なぜ日本では治らないの?( 1 )




なぜ日本では治らないの?

アトピーは治るの?治らないの?

増え続けるアトピー性疾患

私はこれまで、アトピー性皮膚炎の方々をたくさん目にしてきました。カユミが我慢できずにひたすら掻き続ける人。ひどいケロイド状の皮膚の人。治らずに何十年も悩み続けている人。その姿を見るにつけ、日本のアトピー治療の現実に、愕然とした思いを抱いています。愕然の理由は、その人たちの殆どは、複数の病院で何らかの治療を受けてきたはずなのに、それでも治らずに苦しみ続けているからです。

日本では現在、青少年のおよそ3人に1人がアトピー性の疾患を持っているといわれています。アトピー性疾患とはアトピー性皮膚炎やアトピー性の喘息、花粉症などのことで、現在もその数は増え続けています。
特に、アトピー性皮膚炎に関しては、日本では根本的な治療法は未だ確立されておらず、患者さんや家族は「あれがいい」「これが効いた」などの、さまざまな情報に振り回されているのが現状です。また、こうした状況がストレスになり、さらに症状が悪化するという悪循環に陥っているケースも少なくありません。

なぜ、日本では治らないの?

日本では、厚生労働省のアトピー治療ガイドラインでも「アトピー性皮膚炎は慢性の病気なので根治は困難。しかしコントロールは比較的容易なので、薬で症状を抑えながら、うまく病気と共存していけば、日常生活は困難ではない」としています。つまり、アトピーは治らない病気で、薬を使い続けるしか方法はない、と規定しているのです。
しかし、国の治療ガイドラインが勧める「薬物療法」に頼ったばかりに、悪化をくり返して、日常生活に支障をきたしている人が何と多いことか?
アトピー性皮膚炎は本当に治らないものなのでしょうか? アトピー体質は一生変えられないものなのでしょうか?

一方、ドイツでは治る病気

一方、ドイツではアトピーの専門医の多くは、アトピー性皮膚炎は治る病気と考えています。
そして、日本とは異なる治療法が整備されています。実際、アトピーの患者さんのほとんどが完治しています。
ドイツ民族は乾燥肌の体質で、なおかつ几帳面な性格(ストレスに過敏な性格)なので、アトピー性皮膚炎の発症率はとても高いといえます。しかしドイツでは、人前で皮膚を掻き続ける人や、皮膚がケロイド状になった人、治らずに5年も10年も苦しみ続ける人を見かけることはほとんどありません。

では、なぜドイツでは治るの?

日本では治らなくて、ドイツでは治るアトピー。その違いはどこにあるのでしょうか?

ドイツでは、アトピーの発症の根底にある「要因」の捉え方が、日本とは大きく異なっています。ドイツのアトピードクターたちは、アトピー性皮膚炎は、「アトピー体質」「ストレスに弱い性格」「乾燥肌」「弱い基礎体力」などの複数の要因が根底にあり、それにストレスが加わって発症すると考えています。
そして、アトピー性皮膚炎の改善には、それらの要因を総合的に解決していかなければならないといいます。つまり、「皮膚科」だけの病気ではなく、むしろ、その他の要因の方が大きい…というのです。
そのため、診察は皮膚科の医師だけではなく、精神科の医師、食事療法師などがチームになって行います。あるいはまた、アトピーの専門医はこの三つの領域の知識を持っています。
治療もまた、皮膚科の治療だけではなく、体質や心理面の改善に重点が置かれます。

日本のアトピー治療は間違っている

日本ではアトピー性皮膚炎が発症すると、「皮膚科」で診察を受けます。皮膚科では、それが最良の治療法である…として「皮膚薬」が処方されます。最初のうちは、症状は軽減します。しかし、また症状が出ます。するとまた薬が処方されます。一時的には軽減しますが、また症状が出て、その範囲が広がり、慢性化していきます。そして、病院を転々とし、その都度治療を受けたにも関わらず、治らずに、症状が複雑化して10年も20年も苦しみ続けている人がたくさんいます。

私は、長年にわたるドイツのアトピー治療の取材で、日本のアトピー治療は根本的に間違っていることに気付きました。
アトピー性皮膚炎は「皮膚科だけの病気」ではなかったのです。

アトピーを治すのは自分自身
 
ドイツのアトピー治療の多くは、日本のようにステロイド剤などの薬を安易に使用する対症療法ではありません。その治療法は自分自身が行う「セルフケア」によるもので、決して難しいものではありません。また、必要に応じてさまざまな自然療法が応用されます。

ドイツでは自然療法、生活療法を応用したアトピーの治療プログラムが整備されています。各地に自然療法と生活療法によるアトピークリニックがあり、セルフケアの方法を指導してくれます。その結果、殆どの方が完治し、また完治しないにしても、セルフケアの方法を教わっているので、再発しても症状が悪化することはありません。
その上、アトピー体質や弱い精神力を根本から改善する方法が指導されるので、治療前よりも元気な体質と精神力に生まれ変わることができるといいます。

アトピーは、薬に頼るだけではなく、毎日の生活の中で、自分自身で治していかなければならない病気なのです。
[PR]



by nagaki-toshihiko | 2010-07-26 23:39 | なぜ日本では治らないの?

ドイツの自然療法
by nagaki-toshihiko
プロフィールを見る
画像一覧

以前の記事

フォロー中のブログ

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル

画像一覧